本文へスキップ

ワンランク上の走りを目指す Run Heart Gifu Running Team

活動報告report

■ 令和2年 第10回オープン練習会開催

 令和2年 第10回オープン練習会は9月15日、大垣市八島町にある大垣北公園陸上競技場で開催され、計6名の市民ランナーの方が参加しました。オープン練習会とはランハート岐阜ランニングチームの登録メンバーでなくても、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加していただける練習会で、9月2回目の開催となります。練習会当日、会場のある大垣市の最高気温は30℃を超え真夏日となりましたが、ナイトラン練習会開催時の夜間には気温が25℃くらいまで下がり、ようやく秋の気配を感じる中での練習会になりました。しかし、まだトラック練習を行うには気温が高めで、参加者の皆さんは汗ダクになりながら初秋のトラックを駆け抜けました。

 今回の練習メニューは、クルーズ・インターバルトレーニング1000m(R167m)×5本〜10本で、Tペース(閾値ペース)と呼ばれる強度スピードで1000mを走り、トラック半周(167m)をリカバリージョッグでつなぎ、それを5本から10本繰り返すトレーニングに取り組みました。トレーニングのねらいは、秋以降のネクストマラソンやロードレース、オンラインマラソンなどに向けて、各自のLTスピード(耐乳酸性作業閾値)の向上やスピード持久力養成などがトレーニングのねらいでした。参加者の中には調子が悪く、思うように走るタイムが上がらない方もいましたが、前回までのナイトラン練習会と比べると涼しくて走りやすく、また夏場からのナイトラン練習会の成果が出てきたのか、大方の参加者はタイムを上げていました。徐々にですが、夏前からのナイトラン練習の成果が出てきていることを感じさせる練習会になりました。

 コロナ禍の影響で秋のマラソン大会は中止となり、なかなか走るモチベーションが高まりません。しかし、来年3月14日に開催予定の「名古屋ウィメンズマラソン2021」の開催が発表となりました。参加定員が前年の半分になったり、新型コロナ対策の関係でいろいろな制約がある中での開催となるようですが、女性ランナーの皆さんにとっては、明るい話題ではないかと思います。一般エントリーは11月からで、多数の方のエントリーが予想されるため抽選当選確率も低くなりそうですが、今後のトレーニングのモチベーションアップに一役買うのではないかと思います。ランハート岐阜でも11月頃から春のマラソン大会に向けたチームマラソントレーニングに取り組んで行く予定です。それまではしっかり各自のポテンシャル(潜在的な走力)向上に取り組んで行きましょう。

 次回のオープン練習会開催予定は9月29日(火)を予定しています。練習メニューは「秋の夜長のトラック記録会」タイムトライアル10000m & 5000mを予定しています。夏前から取り組んできたトラック練習の成果を、現在の調子、状態を確認することがねらいです。ナイトラン練習を行うのに良い季節になってきましたし、一人でも多くの方のご参加をお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。

秋の気配を感じる中、クルーズ・インターバル1000m×5本〜10本に取り組む参加者。

■ 令和2年 第9回オープン練習会開催

 令和2年 第9回オープン練習会は9月8日、大垣市八島町にある大垣北公園陸上競技場で開催され、計6名の市民ランナーの方が参加しました。オープン練習会とはランハート岐阜ランニングチームの登録メンバーでなくても、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加していただける練習会で、今回は9月最初のオープン練習会開催となりました。今年は残暑が厳しく、夜間でも蒸し暑い日が続いています。練習会当日も開催時、気温28℃前後と蒸し暑いコンディションになりました。トラック練習を行うには、まだまだ辛いコンディションでしたが、参加ランナーの皆さんは、汗ビッショリになりながら夜のトラックを駆け抜けました。

 この日のトレーニングメニューはテンポ走など10000m〜6000mで、Tペース(耐乳酸性スピード)と呼ばれるペースで設定された距離を走るトレーニングに取り組みました。トレーニングのねらいは、秋以降のネクストマラソンやオンラインマラソンなどに向けて、各自のLT(耐乳酸性作業閾値)スピードの向上やスピード持久力養成などがねらいでした。参加者の皆さんの多くの方が前々日(9月6日)の合同練習会に参加し、30km〜26kmの距離走を走られましたが、その疲れも見せずに、今回は力強い走りを見せていました。参加者の皆さんからお話しを聞くと「距離走の疲れはそんなに感じずに思ったよりも走れた」という声が多く聞かれました。この夏場からのナイトラン練習会や走り込み練習の成果が徐々に表れてきているなと感じさせる走りでした。

 次回のオープン練習会開催予定は、9月15日(火)になります。練習メニューはクルーズ・インターバル 1000m(R167m)×5本〜10本を予定しています。まだまだ厳しい残暑が続きますが、ここ2〜3日は朝晩、いくぶん過ごしやすくなってきました。これからは日の入り時刻が早くなり、気温も下がって、秋らしくなってきます。ナイトラン練習を行うにも快適な季節になってきます。秋の夜長に一人でも多くの方のご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

9月最初のナイトラン練習会で、テンポ走10000m〜6000mに取り組む参加者。

■ 令和2年度 第12回合同練習会開催

 令和2年度 第12回合同練習会は9月6日、揖斐川町春日にあるかすがモリモリ村東屋駐車場を拠点に、春日薬草街道コース(県道32号線)〜長谷川リバーサイドコース(県道257号線)で開催され、ビジター登録者6名、練習会体験者1名を含む計13名が参加しました。8月23日から三週続く「残暑お見舞い三週連続走り込みシリーズ」の最終週(第三回)の開催となります。練習会当日は曇り空で、蒸し暑いコンディションになりましたが、前週(8月30日)の練習会開催時がとても暑い天候となったため、それと比べると走りやすいコンデイションになりました。参加者の皆さんは、汗ビッショリになりながら渓流沿いのコースを駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューは、低速ロング走や持続走など20キロ〜30キロで、各自のEペース(有酸素ペース)で設定された距離を走るトレーニングに取り組みました。秋以降のネクストマラソンやロードレース、あるいはオンラインマラソンなどに向けて、各自の走力維持、ポテンシャル(潜在的な能力)向上などを目的に、基礎持久力養成やスタミナの土台作り、有酸性能力の向上などに取り組みました。参加メンバーは、キロ4分台後半からキロ5分半ほどのペースで、じっくり走り込みました。三週間続いた基礎持久力養成トレーニングも今回で終わりとなりましたが、三週連続で参加したメンバーも多く、回数を重ねるごとに走るタイムや走り自体もレベルアップしていました。マラソントレーニングは改めて反復練習が重要で、トレーニングを継続して行っていくことがポイントだと感じさせる練習シリーズとなりました。

 次回の合同練習会は9月20日の開催予定です。秋の走り込み練習として、今までよりも更に走るペースを上げたり、距離を伸ばして、走り込み練習のブラッシュアップに取り組んで行く予定です。コロナ禍の影響で、秋から冬にかけてのフルマラソン大会はほぼ中止になり、目標とする出場大会が決まらず、走るモチベーションも上がらない状況ですが、いつの日か訪れるネクストマラソンに向けて、地道にトレーニングして行きたいと考えています。そして、実際にその日が訪れた時に、「あの時、諦めずにコツコツトレーニングしてきて良かった。」と思えるよう、しっかりトレーニングして行きましょう。次回の練習会開催(20日)は、9月の四連休中の開催となり、皆さんもいろいろご予定があると思いますが、参加できる方はぜひ参加してもらいたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

曇り空の蒸し暑いコンディションの中、持続走30キロ〜20キロに取り組む参加者。

■ 令和2年度 第11回合同練習会開催

 令和2年度 第11回合同練習会は8月30日、揖斐川町春日にあるかすがモリモリ村東屋駐車場を拠点に、春日薬草街道コース(県道32号線)〜長谷川リバーサイドコース(県道257号線)で開催され、ビジター登録者4名を含む計10名が参加しました。三週続く「残暑お見舞い三週連続走り込みシリーズ」の第二回目の開催となります。練習会当日は晴天となり、残暑が厳しく、長い距離を走るには辛いコンディションになりました。参加者の皆さんからは「今日は暑かった」という声が聞かれ、汗ビッショリになりながら渓流沿いのコースを駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューは、低速ロング走や持続走など16キロ〜30キロで、各自のEペース(有酸素ペース)で設定された距離を走るトレーニングに取り組みました。秋以降のネクストマラソンやロードレース、あるいはオンラインマラソンなどに向けて、各自の走力維持、ポテンシャル(潜在的な能力)向上などを目的に、基礎持久力養成やスタミナの土台作り、有酸性能力の向上などに取り組みました。参加メンバーは、キロ4分台後半からキロ5分半ほどのゆっくりとしたペースで、じっくり走り込みました。最近の猛暑の影響で、長い距離を走るトレーニングができていない参加者も多いようでしたが、この暑さの中、最後まで走り切りました。練習後は近くを流れる渓流で脚を冷やしながら涼を取るのが気持ち良い練習会でした。

 今年の夏は残暑が厳しく、加えてコロナ禍の影響で目標とするマラソン出場大会予定も決まらず、走るモチベーションも上がりません。一方で先日、今年はオンライン大会として開催される金沢マラソンのエントリーが開始2時間ほどで定員に達し打ち切りとなりました。(もちろん募集人数も少ないのですが・・・) 中にはオンラインで走って何になるんだ!!という声もありますが、やはり何かしら目標を持ってトレーニングに励みたいという気持ちの表れではないかと思います。はたしてフルマラソン大会が普通に開催されるのは何時になるか分かりませんが、何かしら目標を持って、しっかりトレーニングに取り組みたいものです。

厳しい残暑の中、低速ロング走など30km〜16kmに取り組む参加メンバー。

■ 令和2年 第8回オープン練習会開催

 令和2年 第8回オープン練習会は8月27日、大垣市八島町にある大垣北公園陸上競技場で開催され、計5名の市民ランナーの方が参加しました。オープン練習会とはランハート岐阜ランニングチームの登録メンバーでなくても、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加していただける練習会で、今回は8月最後のオープン練習会開催となりました。練習会開催時、気温30℃を少し下回る気温でしたが、台風8号の間接的な影響からか大変蒸し暑いコンディションになりました。トラック練習を行うには厳しいコンディションになりましたが、参加ランナーの皆さんは、汗ビッショリになりながら夏の夜のトラックを駆け抜けました。

 この日のトレーニングメニューはテンポ走など12000m〜5000mで、Tペース(耐乳酸性スピード)と呼ばれるペースで設定された距離を走るトレーニングに取り組みました。トレーニングのねらいは、秋以降のネクストマラソンやオンラインマラソンなどに向けて、各自のLT(耐乳酸性作業閾値)スピードの向上やスピード持久力養成などがねらいでした。参加者の皆さんは、この蒸し暑さの影響からか途中でペースダウンする方、走る距離を短縮する方もいましたが、この暑さの中、各自のペースでトレーニングに取り組みました。今年は残暑が厳しく、夜間でも走るには少し辛い環境ですが、練習後の皆さんの満足感に満ち溢れた表情が印象的でした。

 9月のオープン練習会開催予定は、火曜日になりますが、8日、15日、29日の計三回の開催を計画しています。9月から再開予定でした岐阜協立大学ナイター練習会開催がアスリート育成クラブ活動休止延長に伴い中止になることが予想されるため、このオープン練習会(ナイトラン練習会)が貴重なトラック練習の場(機会)となります。まだまだ暑い日が続きますが、9月に入れば夜間は徐々に走りやすくなってくるでしょう。今回もオープン練習会を見学にみえた方がいましたが、ぜひ今度は練習会自体に参加していただけたらと思います。一人でも多くの方のご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

蒸し暑いコンディションの中、テンポ走12000m〜5000mに取り組む参加者。

■ 令和2年度 第10回合同練習会開催

 令和2年度 第10回合同練習会は8月23日、揖斐川町春日にあるかすがモリモリ村東屋駐車場を拠点に、春日薬草街道コース(県道32号線)〜長谷川リバーサイドコース(県道257号線)で開催され、ビジター登録者4名を含む計9名が参加しました。最近は連日猛暑日、熱帯夜が続いていましたが、練習会前日に激しい雷雨があり、気温が下がりました。熱帯夜も解消され、練習会当日朝は涼しい気温になりました。練習会コースは山間にあり、市街地コースよりは気温が低めなのですが、練習会当日はまずまずの走りやすいコンディションになりました。参加者の皆さんは、長谷川の渓流沿いのコースを各自のペースで駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューは、低速ロング走や持続走など20キロ〜30キロでした。秋以降のネクストマラソンやロードレース、あるいはオンラインマラソンなどに向けて、各自の走力維持、ポテンシャル(潜在的な能力)向上などを目的に、基礎持久力養成やスタミナの土台作り、有酸性能力の向上などに取り組みました。参加メンバーは、キロ5分前後のゆっくりとしたペースで、じっくり走り込みました。最近の猛暑の影響で、長い距離を走るトレーニングができていない参加者も多いようでしたが、今回は参加者全員、設定の距離を走り切りました。

 例年ですと、今の時期は11月のいびがわマラソンなど秋のマラソンに向けて、本格的な走り込み練習に移行する時期です。今年はフルマラソンの大会がコロナ禍の影響でほぼ中止となり、目標とする大会出場も決まらず、なかなか走るモチベーションが上がらない状況ですが、何もしなければ走力や持久力は低下していくだけなので、出場大会が決まらずともトレーニングだけは継続して行く必要があります。今回の合同練習会、来週(8月30日)、再来週(9月6日)と三週続けて、今回の春日長谷川沿いのコースでの合同練習会を開催予定です。まだまだ厳しい残暑が続きますが、来たるネクストマラソンなどに向けて、しっかりトレーニングして行きましょう。

春日長谷川沿いのコースで、低速ロング走20キロ〜30キロに取り組む参加者。

■ 令和2年 第7回オープン練習会開催

 令和2年 第7回オープン練習会は8月20日、大垣市八島町にある大垣北公園陸上競技場で開催され、計7名の市民ランナーの方が参加しました。オープン練習会とはランハート岐阜ランニングチームの登録メンバーでなくても、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加していただける練習会で、今回で7回目の開催となります。練習会当日、会場のある大垣市の最高気温は37.8℃と猛暑日になりました。ナイトラン練習会(オープン練習会)開催時も昼間の暑さが残り、気温32℃〜31℃の中での練習会となりました。トラック練習を行うには非常に厳しいコンディションになりました。参加ランナーの皆さんの中には、この暑さの影響からか途中で予定していた練習メニュー(本数)を切り上げる方もいましたが、汗ビッショリになりながら真夏のトラックを駆け抜けました。

 今回の練習メニューは、クルーズ・インターバルトレーニング1000m(R167m)×5本〜10本で、Tペース(閾値ペース)と呼ばれる強度スピードで1000mを走り、トラック半周(167m)をリカバリージョッグでつなぎ、それを5本から10本繰り返すトレーニングに取り組みました。トレーニングのねらいは、秋以降のネクストマラソンやロードレース、オンラインマラソンなどに向けて、各自のLTスピード(耐乳酸性作業閾値)の向上やスピード持久力養成などがトレーニングのねらいでした。気温30℃以上の暑さの中でのトレーニングとなり、参加者の中には「こんな暑さの中でインターバルをしたことがない」という声も聞かれるほどでしたが、参加者の皆さん滝のような汗を流しながらインターバル・トレーニングに取り組みました。途中でメニューを切り上げた方、最後まで予定していた本数を行った方などいろいろでしたが、この厳しい暑さに負けにない走りを見せていました。

 今回はこの厳しい暑さの中にも関わらず、計7名という市民ランナーの皆さんに参加していただきました。誠にありがとうございます。次回のオープン練習会開催予定は8月27日(木)になります。練習メニューはテンポ走やペース走など6000m〜12000mになります。まだまだ厳しい暑さの中でのナイトラン練習会が予想されますが、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。何卒よろしくお願いします。

猛暑となったナイトラン練習会で、クルーズインターバルに取り組む参加者。

■ 令和2年 第6回オープン練習会開催

 令和2年 第6回オープン練習会は8月13日、大垣市八島町にある大垣北公園陸上競技場で開催され、計5名の市民ランナーの方が参加しました。オープン練習会とはランハート岐阜ランニングチームの登録メンバーでなくても、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加していただける練習会で、今回で6回目の開催となります。オープン練習会開催時は気温30℃前後と、この時期らしい暑さの中での練習会になりました。参加者の皆さんは、汗ビッショリになりながら、夜のトラックを駆け抜けました。

 この日のトレーニングメニューはテンポ走など12000m〜6000mで、Tペース(耐乳酸性スピード)と呼ばれるペースで設定された距離を走るトレーニングに取り組みました。トレーニングのねらいは、秋以降のネクストマラソンに向けて、各自のLT(耐乳酸性作業閾値)スピードの向上やスピード持久力養成などがねらいでした。参加者の皆さんは、この暑さの影響からか途中でペースダウンする方もいましたが、この暑さの中、最後まで設定された距離を走り切りました。夜間でも走るには少し辛い季節ですが、練習後の皆さんの満足感に満ち溢れた表情が印象的でした。

 次回のオープン練習会開催予定は8月20日(木)で、練習メニューはクルーズ・インターバル1000m×5本〜10本を予定しています。まだまだ厳しい暑さが続きますが、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

この時期らしい暑さの中、テンポ走12000m〜6000m走に取り組む参加者。

■ 令和2年 第5回オープン練習会開催

 令和2年 第5回オープン練習会は8月6日、大垣市八島町にある大垣北公園陸上競技場で開催され、計5名の市民ランナーの方が参加しました。オープン練習会とはランハート岐阜ランニングチームの登録メンバーでなくても、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加していただける練習会で、今回で5回目の開催となります。8月からは「2020年後期ナイトラン練習会シリーズ」と称し、月2〜3回の予定で12月まで開催していく予定です。練習会当日、会場のある大垣市の日中の最高気温は35.0℃を超え猛暑日となりました。ナイトラン練習会開催時は気温30℃を下回りましたが、この時期らしい暑さの中での練習会になりました。参加者の皆さんは、汗ビッショリになりながら、夜のトラックを駆け抜けました。

 この日のトレーニングメニューはショート・インターバルトレーニングで、400mを疾走(インターバルペース)し、リカバリージョッグ200mを挟み、それを1セットとして、合計3セット(計15本)繰り返して行うトレーニングに取り組みました。トレーニングのねらいは、絶対スピードの向上や心肺機能の強化、スピードの出せる動きの確認、股関節を中心としたダイナミックなランニングフォームの獲得がねらいとなりました。400mという割合短い距離なので、きつくなってきた頃にその疾走部分は終了しますが、それなりに脚筋力を使い、大きな負荷がかかりますので、疲労が大きいトレーニングになります。参加者の中には、ペース配分が上手くつかめず、途中から大きくペースダウンする方もいましたが、各自のペースでインターバル・トレーニングに取り組みました。400mのインターバル走は初めてという方もいましたが、参加者の皆さんは満足の行くトレーニングができたようです。

 今回のオープン練習会から2020後期ナイトラン練習会シリーズがスタートしました。コロナ禍の影響で、ほぼ年内のフルマラソン大会は中止、もしくはオンラインマラソンへ変更になりました。本来であれば11月のいびがわマラソンや12月のおおがきマラソンに向けてのトレーニングになる予定でしたが、今年はネクストマラソンに向けて走力維持やポテンシャル(潜在的な走力)アップがこのシリーズのねらいとなります。目標とする大会出場が決まらず、走るモチベーションが上がらないこの時期だからこそ、チームの垣根を超えて、同じ志を持つ市民ランナーが集うナイトラン練習会を開催していけたらと思います。次回のオープン練習会開催は8月13日(木)で、練習メニューはテンポ走6000m〜12000mになります。お盆休み中の開催ということで、普段仕事で参加できない方もお休みの方は、ぜひこの機会にご参加下さい。多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

この時期らしい暑さの中、ショートインターバル400m×15本に取り組む参加者。


ランハート岐阜ランニングチーム

  代表:青木 敏宏
E-mail:info@run-heart.com
URL: http://www.run-heart.com/
BLOG:http://ameblo.jp/letshappyrun