本文へスキップ

ワンランク上の走りを目指す Run Heart Gifu Running Team

活動報告report

■ 令和4年 第18回大垣北公園オープン練習会開催

 令和4年 第18回大垣北公園オープン練習会2022ファイナルは12月6日、大垣市八島町にある大垣市北公園陸上競技場で開催され、ゲスト(登録メンバー以外の方)2名を含む計7名の方が参加しました。参加していただいた皆さん、どうもありがとうございました。オープン練習会とは、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加できるナイトラン練習会で、この地域のランニングコミニュティー拡大や地元ランナー同士の交流、走力強化などを目的に開催しています。12月に入り、この時期らしい寒さになってきましたが、練習会開催時の気温は9℃前後と、ナイトラン練習を行うには少々寒いコンデイションになりました。早いもので、この大垣北公園オープン練習会も今年最後の開催となりましたが、参加者の皆さんは各自のペースで、この寒さに負けない熱い走りを見せていました。

 今回のトレーニングメニューは、テンポ走やビルドアップ走など10000m〜8000mで、今冬以降のネクストマラソンなどに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピードの向上)の向上や、スピード持久力養成などに取り組みました。また、今週末のおおがきハーフマラソンなどの大会出場予定の方は、大会本番に向けて直前調整練習に取り組みました。参加者の皆さんは、各自で目標ペースやタイムを設定して、その通りに走るようトレーニングに取り組んでいました。参加者の皆さんは、キロ3分40秒台〜4分前後のペースでトレーニングに取り組みました。ぜひ、今週末のおおがきマラソンなどの大会に出場予定の方は、普段のトレーニングの成果を思う存分発揮してもらいたいと思います。大会に参加される方のご健闘を祈願しております。

 また、今回は新しくゲスト(登録メンバー以外の方)の方にオープン練習会に参加していただきました。普段は一人で練習されているようで、このような練習会に参加されるのは初めてという事でした。そのゲストの方はペース走10000mに取り組み、39分前後のタイムで走られていました。ご本人にお話を聞くと、後半はペースダウンしてしまったと話されていましたが、これに懲りず、また練習会に参加していただければと思います。このオープン練習会は、チームの垣根を超えて、この地域の市民ランナーの皆さんの交流や走力強化などを目的に開催しています。年間を通して今年は計4名(その後登録メンバーを含む)のゲストに参加していただきました。参加していただいた皆さん、どうもありがとうございました。来年は、より多くのゲストの方に参加していただけるようにして行きたいと思います。

 早いもので、この大垣北公園オープン練習会開催も今年最後の開催となりました。今年はより多くの皆さんに、オープン練習会に参加していただき、誠にありがとうございました。来年1月、2月はお休みをいただき、また来春3月頃からこの大垣北公園オープン練習会を開催予定です。この間は代わりにですが、今までごうど中央スポーツ公園で開催していたパークナイトラン練習会を、会場を大垣市北公園に変えて開催して行く予定です。次回のパークナイトラン(オープン練習会)練習会開催予定は12月20日(火)の開催を予定しています。定例トレーニングメニューは、閾値走(クルーズ)インターバル・トレーニング1000m(R167m)10本〜5本を予定しております。オープン練習会ですので、登録メンバー以外の方にも参加していただけます。年末の慌ただしい時期の開催になりますが、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

今年最後の大垣北公園オープン練習会で、テンポ走等10000mなどに取り組む参加者。

■ 令和4年度 第19回合同練習会開催

 令和4年度第19回合同練習会は12月4日(日)、大垣市墨俣町にある「さい川さくら公園」を拠点に犀川堤防道路〜瑞穂市・五六川堤防道路コースで開催され、ビジター登録者2名を含む計10名の方が参加しました。参加していただいた皆さん、どうもありがとうございました。練習会当日、朝のうちは青空も見えましたが、徐々に灰色の雲が広がり、少し冷たい風も吹き出しました。練習会開催時の気温は7℃〜11℃と、この時期らしい寒さとなりましたが、長い距離を走るには、まずまずのコンディションとなりました。練習会場のさい川さくら公園沿いの堤防道路は、来週開催予定のおおがきマラソンのコースにもなっており、試走を兼ねてコースを走る市民ランナーの姿も見られました。参加者の皆さんは、初冬の犀川沿いや五六川沿いのコースを各自思い思いのペースで駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューはロング走やビルドアップ走など、30km〜10kmでした。トレーニングのねらいは、来春のナゴヤ・ウィメンズマラソン2023をはじめとする春のマラソンなどに向けて、@メゾサイクル1(基礎持久力養期)の練習(11月21日〜12月25日までの5週間)として、年末から始まる本格的な走り込み練習に備えて、スタミナの土台作りや基礎持久力養成などがねらいとなりました。また、今回の参加者の多くは来週のおおがきマラソンに出場を予定しており、大会本番に向けて調整練習に取り組む方もいました。来週のおおがきマラソンに出場される方のご健闘を祈願しております。参加者の中には久しぶりに参加した方もいましたが、各自の目標とする大会に向けて、課題を持ってトレーニングに取り組んでいました。30キロコースには6名の方が出走しましたが、2時間07分台から2時間26分台のタイムで走られていました。参加者の皆さんは、秋のマラソンシーズンが終り、来春のマラソンなどに向けて、順調にマラソントレーニングのスタートを切られたようです。

 次回の合同練習会開催予定は12月25日(日)、岐阜市曽我屋にある岐阜市北西部運動公園を拠点に、伊自良川堤防道路〜長良川堤防道路コースで開催予定です。トレーニングメニューはロング走やビルドアップ走など35キロ〜10キロを予定しており、今回に引き続き春のマラソンに向けてスタミナの土台作り、基礎持久力養成などがねらいとなります。次回の合同練習会が今年最後の合同練習会開催となります。一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

犀川〜五六川堤防道路コースでロング走等30キロ〜10キロに取り組む参加者。

■ 令和4年度 第4回岐阜協立大学ナイター練習会開催

 令和4年度第4回岐阜協立大学ナイター練習会は12月1日(木)、大垣市北方町にある岐阜協立大学総合グラウンド陸上競技場で開催され、1名の登録メンバーが参加しました。この岐阜協立大学練習会は、岐阜協立大学さんが運営している「岐阜協立大学アスリート育成クラブランニング部門」の活動を利用して開催している練習会となります。したがって、ランハート岐阜の練習会とは別に、オプションとして岐阜協立大学アスリートクラブに登録したメンバーのみが参加可能な練習会となります。この10月からランニング部門の活動が再開され、二回目のナイター練習会開催となりました。12月に入り寒さも厳しくなりました。練習会開催時の気温は8℃前後と手袋が欠かせない寒さとなりましたが、参加メンバーは初冬のナイター照明に照らされたトラックを駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューは、閾値走(クルーズ)インターバル・トレーニング1000m(R200m)×6本で、冬以降のマラソンシーズンに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピードの向上)の向上や、スピード持久力養成などに取り組みました。参加メンバーは、1000mをTペース(閾値ペース)で疾走し、その後リカバリージョッグ200mを挟み、それを6回繰り返すトレーニングに取り組みました。参加メンバーは1000m 3分30秒台〜3分40秒台の疾走タイムで走り、200mを70秒台のジョッグでリカバリーして、インターバルトレーニングに取り組みました。参加メンバーは先月のフルマラソン出場後から、久しぶりのインターバル・トレーニング実施ということで、少し脚に違和感を覚えたようですが、来春のマラソンに向けてスタートを切りました。メンバーは一緒のトラックで練習しているアスリート育成クラブのスクールの中学生と競い合うように走られていました。

 次回の岐阜協立大学ナイター練習会は12月15日(木)を予定しています。定例練習メニューはテンポ走やビルドアップ走など12000m〜6000mで、冬〜来春のネクストマラソンに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピード)の向上やスピード持久力養成に取り組んで行けたらと思います。岐阜協立大学アスリート育成クラブの登録メンバーのみ参加可能な練習会となりますが、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。また現在、令和4年度岐阜協立大学アスリート育成クラブ登録メンバーも募集中です。興味がある方は代表:青木まで連絡下さい。どうぞよろしくお願いします。

初冬の寒さの中、閾値走インターバル1000m×6本に取り組む参加メンバー。

■ 令和4年度 第18回合同練習会開催

 令和4年度第18回合同練習会は11月27日(日)、揖斐郡池田町にある道の駅「池田温泉」を拠点に池田ふれあい街道〜春日薬草街道コースで開催され、計6名のメンバーが参加しました。参加していただいた皆さん、どうもありがとうございました。練習会当日は秋晴れに恵まれ、少し風はありましたが、練習会開催時の気温は14℃〜17℃と、とても走りやすいコンディションとなりました。コース沿いの紅葉も見頃を迎え、参加者の皆さんは、晩秋の池田山山麓沿いや粕川沿いのコースを各自思い思いのペースで駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューは低速ロング走やビルドアップ走など、25km〜21.0975kmでした。トレーニングのねらいは、秋のマラソンレースシーズンが終わり、秋のマラソンの疲労回復具合をみるとともに、来春のマラソンに向けてマラソントレーニングをスタートさせることがねらいとなりました。また、12月11日のおおがきマラソンまで残り二週間となり、ハーフマラソンのレースペースで走り切るスピード持久力養成や脚筋力強化などがねらいとなりました。参加者の中には体調が優れず途中でリタイアするメンバーもいましたが、参加者の皆さんは1時間45分〜2時間10分程度のタイムで走られていました。一週間前にフルマラソンを走られた方もおり、まだマラソンの疲れが残っているようでしたが、美しい山々の紅葉を眺めながらトレーニングに取り組みました。

 ランハート岐阜では下記の期分け表のように、11月下旬の練習会から春のマラソン(ナゴヤ・ウィメンズマラソン)に向けたチームマラソントレーニング(全16週間)に取り組んで行く予定です。今回は、@メゾサイクル1(基礎持久力養期)の練習(11月21日〜12月25日までの5週間)のトレーニングとして、年末から始まる本格的な走り込み練習に備えて、スタミナの土台作りや基礎持久力養成などがねらいとなります。具体的には、ゆっくりなスピードで良いので、長い距離、長い時間走ることに身体を慣らし、2時間〜3時間余裕を持って走れるようにすることがポイントです。すでに秋のマラソントレーニングがしっかり出来ていて、基礎持久力養成が出来ている方は、Aのメゾサイクル2(持久力養成期)のトレーニングからスタートしても構いませんが、秋のマラソンの疲れが除去できていることが大切です。この場合でも、段階的に距離を伸ばしたり、走るペースを上げて行く必要があります。無理をせず、段階を踏んで、トレーニングを進めて行くようにしましょう。

 次回の合同練習会開催予定は12月4日(日)、大垣市墨俣町にあるさい川さくら公園を拠点に、犀川・五六川堤防道路コースで開催予定です。トレーニングメニューはロング走やビルドアップ走など30キロ〜10キロを予定しており、春のマラソンに向けてスタミナの土台作り、基礎持久力養成などがねらいとなります。また、おおがきマラソンまで残り一週間となり、調整練習に取り組むこともねらいとなります。12月は何かと忙しい時期になりますが、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

2023春のマラソン(ナゴヤ・ウィメンズマラソン)チームマラソントレーニングパッケージ

 順番  期分け  期 間 トレーニング指針 
 @  メゾサイクル1
基礎持久力養成期
 11月21日〜12月25日
(5週間)
 12月後半から始まる本格的な走り込み練習に備えて、スタミナの土台作り、基礎持久力養成に取り組む。ゆっくりなペースで良いので、2時間〜3時間余裕を持って走れるようにしていく。
 A メゾサイクル2
持久力養成期
  12月26日〜1月29日
(5週間)
 ロング走を中心に長い距離を走り、フルマラソンを走り切れる脚作り、スタミナ養成に取り組む。また、定期的にLTスピード向上のトレーニングにも取り組む。
 B  メゾサイクル3
レースペース対応期
  1月30日〜2月26日
(4週間)
 走り込み練習で養ったスタミナを基に、レースペースに対応出来る脚作り、スピード持久力養成などに取り組む。
 C  メゾサイクル4
レースに向けた調整期
  2月27日〜2月12日
(2週間)
 春のマラソン(ナゴヤ・ウィメンズマラソン)に向け、マラソントレーニングの疲労を取り除きながら体調を整え、調子を引き上げる。
 ナゴヤ・ウィメンズマラソン2023  3月12日  ベストを尽くし、各自の目標を達成!!
 D  メゾサイクル5
レース回復期
  3月13日〜4月2日
(3週間)
 春のマラソンの疲労を取り除き、次のステップに向けて鋭気を養う。

コース沿いの紅葉が見頃を迎え、ロング走など25キロ等に取り組む参加メンバー。

■ 令和4年度 第2回岐阜協立大学サタデー練習会開催

 令和4年度第2回岐阜協立大学サタデー練習会は11月19日(土)、大垣市北方町にある岐阜協立大学総合グラウンド陸上競技場で開催され、1名の登録メンバーが参加しました。この岐阜協立大学練習会は、岐阜協立大学さんが運営している「岐阜協立大学アスリート育成クラブランニング部門」の活動を利用して開催している練習会となります。したがって、ランハート岐阜の練習会とは別に、オプションとして岐阜協立大学アスリートクラブに登録したメンバーのみが参加可能な練習会となります。コロナ禍の影響で、長らく活動が休止されていましたが、10月からランニング部門の活動が再開され、岐阜協立大学練習会も今月からの開催再開となりました。練習会当日は秋晴れに恵まれ、練習会開催時の気温は19℃と、トラック練習を行うには少し気温は高目でしたが、参加メンバーは息を弾ませながら晩秋のトラックを各自のスピードで駆け抜けました。

 今回の練習会のトレーニングメニューは「岐阜協立大学2022秋季トラック記録会」と題して、10000mのタイムトライアルに取り組みました。トレーニングのねらいは、この夏からのトレーニング成果の確認や、現在の調子や状態、走力を確認し、これからのトレーニングの参考にすることでした。また、今回の参加メンバーは二週間前にフルマラソンを走っていることから、そのフルマラソンの疲労回復具合を見ることもねらいとなりました。400mのトラックを25周走る10000mT.Tに出場したメンバーは結果、40分を切る39分台終盤のタイムで10000mを走り切りました。参加者自身の10キロの自己ベストを二分以上更新する素晴らしい走りを見せ、この夏からのトレーニングの成果が十分発揮できた走りとなったようです。参加メンバーに練習後お話しを聞くと「前半ペースを落とすべきところで突っ込んでしまったので、それが後半のペースダウンにつながってしまった」と反省点も上げていました。この冬からのマラソントレーニングに向けて、また新たな課題が見つかったようです。

 次回の岐阜協立大学ナイター練習会は11月24日(木)を予定しています。定例練習メニューはテンポ走やビルドアップ走など12000m〜6000mで、冬〜来春のネクストマラソンに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピード)の向上やスピード持久力養成に取り組んで行けたらと思います。岐阜協立大学アスリート育成クラブの登録メンバーのみ参加可能な練習会となりますが、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。また現在、令和4年度岐阜協立大学アスリート育成クラブ登録メンバーも募集中です。興味がある方は代表:青木まで連絡下さい。どうぞよろしくお願いします。

岐阜協立大学陸上競技場で10000mタイムトライアルにチャレンジする参加メンバー。

■ 令和4年度 第16回パークナイトラン練習会開催

 令和4年度第16回パークナイトラン練習会(オープン練習会)は11月16日、安八郡神戸町にあるごうど中央スポーツ公園ジョギングコースで開催され、ゲスト1名を含む計5名の方が参加しました。参加された皆さん、どうもお疲れ様でした。パークナイトラン練習会とは、その名の通り、公園コースで行うナイトラン練習会ですが、オープン練習会ですので、メンバー登録をしなくても、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加できる練習会です。11月も半ばを過ぎますと、さすがに夜間は寒くなってきます。練習会開催時の気温は10℃前後と、手袋がいるかいならいかといった寒さとなりましたが、スピード練習を行うには、これくらいの気温がちょうど走りやすいコンディションのようです。参加者の皆さんは、晩秋の夜の公園コースを各自のペースで駆け抜けました。

 今回の定例トレーニングメニューは、テンポ走など10000mで、冬以降のネクストマラソンなどに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピードの向上)の向上や、スピード持久力養成などに取り組みました。参加者(ゲスト)の方は、先週末のいびがわハーフマラソンに出場されたばかりでしたが、今回はペースランニング10000m走に取り組み、キロ平均3分50秒ペースで走られていました。ゲストの方にお話しを聞くと、まだいびがわの疲れは残っているという事でしたが、もう早くも次のマラソン大会に向けてトレーニングをスタートさせていました。

 そのほかの参加者の方は、今週末の神戸マラソンに出場される方が多く、別メニューとしてジョッグ30分走+ペース走3000m〜1000mの調整練習メニューに取り組みました。今回参加された皆さんは、神戸マラソンに向けて順調に調整練習ができているようです。ぜひ、この夏からのトレーニングの成果を思う存分、発揮してもらいたいと思います。神戸マラソンに参加される方のご健闘を祈願しております。

 11月のパークナイトラン練習会の開催予定はすべて終了しました。本来、このパークナイトラン練習会は、休止していた岐阜協立大学ナイター練習会の代替え練習会として開催してきた経緯があります。その岐阜協立大学ナイター練習会は再開されましたが、引き続きパークナイトラン練習会開催を続行していくことになりました。このパークナイトラン練習会ですが、12月から来春3月までは練習会場を大垣北公園へ変更して開催して行く予定です。来月の開催日はまだ決定しておりませんが、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

晩秋のごうど中央スポーツ公園で、神戸マラソン調整練習などに取り組む参加者の皆さん。

■ 令和4年度 第1回岐阜協立大学ナイター練習会開催

 令和4年度第1回岐阜協立大学ナイター練習会は11月10日(木)、大垣市北方町にある岐阜協立大学総合グラウンドで開催され、1名の登録メンバーが参加しました。この岐阜協立大学練習会は、岐阜協立大学さんが運営している「岐阜協立大学アスリート育成クラブランニング部門」の活動を利用して開催している練習会となります。したがって、ランハート岐阜の練習会とは別に、オプションとして岐阜協立大学アスリートクラブに登録したメンバーのみが参加可能な練習会となります。コロナ禍の影響で、長らく活動が休止されていましたが、この10月からランニング部門の活動が再開され、ナイター練習会も今月からの開催再開となりました。休止前の最後のナイター練習会開催が令和2年2月でしたので、実に2年9ヶ月ぶりの開催となりました。

 練習会当日は秋晴れに恵まれ、ナイター練習会開催時の気温は16℃と、寒くもなく暑くもなく、トラック練習を行うには快適なコンデイションとなりました。東の空には真ん丸いお月様が浮かび、参加メンバーは秋の夜長に心地よい走りを見せていました。練習会場の陸上競技場ではアスリート育成クラブのランニング部門(長距離部門)と、アスレチックス(陸上競技部門)部門のスクールが開催されていて、スクールの生徒(小学4年生以上、中学生)と一緒に、トラックで練習しました。陸上競技場に隣接する野球場やサッカー場でもナイター照明が点灯されていて、賑やかな雰囲気の中での練習会となりました。

 練習会のメニューは、基本的にメニューフリー(何を行って良いのか分からない方のために定例メニューあり)なのですが、今回の参加メンバーは先週末フルマラソンを走ったということで、今回は軽めの練習メニューとなりました。いびがわハーフマラソンに向けた調整練習メニューと同じ「ジョッグ30分走+1000m走」のメニューに取り組みました。先週末走ったフルマラソンの疲労回復具合を確認することがトレーニングのねらいとなりました。参加メンバーに練習後、お話しを聞くと、「やはりフルマラソンの疲れがまだ残っており、身体が重かった」と話されていましたが、それでも1000mを3分20秒台のタイムで走られていました。フルマラソンを走った後は一週間ほどで筋肉痛などの表面的な疲れは取れますが、その後二〜三週間ほどは「かくれ疲労」と呼ばれる身体の深層部分の疲れが残りますで、しばらくは疲労回復に努めてもらいたいと思います。

 次回の岐阜協立大学練習会は、11月19日(土)に予定しており、秋季トラック記録会と題してタイムトライアル21.0975m、16000m、10000m、5000mを予定しています。そのほか1000m刻みで、各自走りたい距離(ハーフマラソンまで)のタイムトライアルにチャレンジしていただけます。あるいはペース走的なトレーニングとしても活用していただけます。11月半ば土曜日午後の練習会ですので、快適なコンディションが予想されます。岐阜協立大学アスリート育成クラブの登録メンバーのみ参加可能な練習会となりますが、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。また現在、令和4年度岐阜協立大学アスリート育成クラブ登録メンバーも募集中です。どうぞよろしくお願いします。

久しぶりの岐協大ナイター練習会で、ジョッグ30分走+1000mに取り組むメンバー。

■ 令和4年度 第17回合同練習会開催

 令和4年度第17回合同練習会は11月6日(日)、揖斐郡揖斐川町・2022いびがわハーフマラソンコースで開催され、計8名のメンバーが参加しました。参加していただいた皆さん、どうもありがとうございました。いびがわハーフマラソンコースでの練習会は、当初9月から予定していましたが、コース途中に、工事による全面通行止めの個所があったため実施できませんでした。しかし、その通行止めの個所が先日解除されたため、ようやく今年初めて、いびがわハーフマラソンコースでの練習会開催に至りました。

 練習会当日は秋晴れに恵まれ、気持ち良い青空が広がりました。少し風はありましたが、練習会開催時の気温は12℃〜18℃と、とても走りやすいコンディションとなりました。11月13日のいびがわハーフマラソン2022まで残り一週間となり、コース上には試走に取り組む多くの市民ランナーの皆さんが走られていました。紅葉の名所とも名高い揖斐峡の紅葉も徐々に色づき、参加者の皆さんは、揖斐川沿いのコースを各自思い思いのペースで駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューはマラソンペース走やビルドアップ走など、21.0975km〜12kmでした。先週、フルマラソンを走った方は疲労回復のため12キロコースに出走しましたが、それ以外の方はハーフマラソンコースに出走しました。トレーニングのねらいは、いびがわハーフマラソン2022を一週間後に控え、現在の調子や状態などを正確に把握し、本番のレースペース配分の参考にすることや、アイドリング(刺激入れ)を行い、調子の引き上げ(テーパリング)を行う事がねらいでした。また、実際のいびがわマラソンコースで練習することで、コースの特徴やリズムなどを把握することがねらいでした。

 ハーフコースに出走したメンバーは、速い方で1時間25分台、遅い方でも1時間35分台のタイムでフィニッシュされていました。中にはハーフマラソンの自己ベストのタイムで走られた方もいましたが、参加者の皆さんは順調な仕上がりを見せていました。今回の参加者の多くは、一週間後のいびがわハーフマラソン、あるいは二週間後(11月20日)の神戸マラソン出場を予定している方がおり、それらの大会に向けて、良い調整練習になったようです。これらの大会に出場する方のご健闘を祈願しております。

 今年7月から取り組んできた「秋のマラソンに向けたチームマラソントレーニングパッケージ」は、とりあえず今回の合同練習会で終了となります。次回の合同練習会から来春のマラソンに向けたチームマラソントレーニングに移行して行くことになります。次回の合同練習会開催予定は11月27日(日)、池田ふれあい街道〜春日薬草街道コースでの開催を計画しております。練習予定メニューは、低速ロング走やビルドアップ走など25キロ〜13キロを予定しています。コース沿いの紅葉も見頃を迎え、晩秋の揖斐路を一緒に走りませんか。一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

気持ち良い秋晴れの下、いびがわハーフコースでマラソンペース走に取り組む参加者。

■ 令和4年度 第15回パークナイトラン練習会開催

 令和4年度第15回パークナイトラン練習会(オープン練習会)は11月2日、安八郡神戸町にあるごうど中央スポーツ公園ジョギングコースで開催され、ゲスト2名を含む計3名の方が参加しました。参加された皆さん、どうもお疲れ様でした。パークナイトラン練習会とは、その名の通り、公園コースで行うナイトラン練習会ですが、オープン練習会ですので、メンバー登録をしなくても、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加できる練習会です。練習会当日は秋晴れに恵まれ、昼間は気温が23℃以上に上昇し温かい日になりましたが、夜間になるとさすがに気温は下がります。練習会開催時の気温は17℃前後と、ナイトラン練習を行うには絶好のコンディションとなりました。参加者の皆さんは秋の夜空に浮かぶ半月を眺めながら、夜の公園コースを各自のペースで駆け抜けました。

 今回の定例トレーニングメニューは、閾値走(クルーズ)インターバル・トレーニング1000m(R200m)8本〜5本で、残り10日程となったいびがわハーフマラソンなどに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピードの向上)の向上や、スピード持久力養成などに取り組みました。参加者の方は、1000mをTペース(閾値ペース)で疾走し、その後リカバリージョッグ200mを挟み、それを8回〜5回繰り返すトレーニングに取り組みました。また、今週末の富山マラソンに出場される方は、別メニューとしてジョッグ30分走+ペース走2000mの調整練習メニューに取り組みました。

 閾値走インターバルに挑戦したゲストの方の一人は1000m 3分20秒台〜3分30秒台の疾走タイムで8本、もう一人の女性ランナーの方は1000m 4分40秒台の疾走タイムで5本、それぞれの走力に合ったタイムでインターバルトレーニングに取り組みました。閾値走インターバルに取り組んだゲスト二人は、11月13日のいびがわハーフマラソン出場を予定しており、いびがわマラソンに向けて、良いトレーニングができたようです。今週末の富山マラソン出場を予定している方は、ジョッグ30分走で身体を温めた後、レースペースで2000mの刺激走に取り組みました。2000m走を7分30秒台のタイムで気持ち良く走り、富山マラソンに向けて最後の練習会に取り組んでいました。ぜひ、富山マラソンでは、今までの練習の成果を思う存分、発揮してもらいたいと思います。

 次回のパークナイトラン練習会開催予定は、11月16日(水)を予定しています。定例練習予定メニューは、テンポ走やビルドアップ走など12000m〜6000mを予定しています。冬以降のネクストマラソンに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピード)の向上やスピード持久力養成に取り組んで行けたらと思います。また、11月20日の神戸マラソンに出場予定の方には、直前調整練習メニューも用意しております。11月も下旬になると、さすがに夜間は寒くなってきますので、ナイトラン練習を行うにも快適な期間はそろそろ終わります。晩秋のナイトラン練習会で一緒に走りませんか。一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

快適なコンディションの中、閾値走インターバル1000m×8本などに取り組む参加者。

■ 令和4年 第15回大垣北公園オープン練習会開催

 令和4年 第15回大垣北公園オープン練習会は10月27日、大垣市八島町にある大垣北公園陸上競技場で開催され、ゲスト(登録メンバー以外の方)2名を含む計7名の方が参加しました。参加していただいた皆さん、どうもありがとうございました。オープン練習会とは、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加できるナイトラン練習会で、この地域のランニングコミニュティー拡大や地元ランナー同士の交流、走力強化を目的に開催しています。10月も下旬となり、朝晩は寒いくらいになってきましたが、練習会開催時の気温は13℃前後と、参加者の中には手袋をして走る方もいました。ジッとしていると小寒い気温ですが、走り出せばこれくらいの気温が今の時期、ちょうど走りやすい気温です。この走りやすいコンディションの中、参加者の皆さんは各自のペースで晩秋のトラックを駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューは、閾値走(クルーズ)インターバル・トレーニング1000m(R167m)10本〜5本で、秋のマラソンシーズンに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピードの向上)の向上や、スピード持久力養成などに取り組みました。参加者の皆さんは、1000mをTペース(閾値ペース)で疾走し、その後リカバリージョッグ167mを挟み、それを10回〜5回繰り返すトレーニングに取り組みました。参加者の皆さんは、1000m 3分30秒台〜4分前後の疾走タイムで、それぞれインターバルトレーニングに取り組みました。参加した方の中には、今週末フルマラソン出場を控えている方もおり、その方は少な目の本数で、調整練習に取り組みました。大会ではぜひ、良い走りを期待したいものです。

 今回の参加者の多くは、11月に開催される富山マラソンや岡山マラソン、神戸マラソン、あるいは11月13日に、地元で開催されるいびがわハーフマラソン出場を控えている方が参加しました。最近は走りやすい気温になってきたことや、参加者同士の走力が近いこともあり、お互い切磋琢磨して、走るタイムや状態も上がってきた印象があります。この夏場からのオープン練習会の積み重ねや成果が、ここへ来て表れてきた感じです。あとはケガに注意して、しっかり調整練習を行って、大会では普段の練習の成果を思う存分、発揮してもらいたいものです。

 次回の大垣北公園オープン練習会開催予定は11月8日(火)を予定しており、予定練習メニューはテンポ走やビルドアップ走など12000m〜6000mを予定しています。引き続き、秋以降のマラソンに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピード)の向上やスピード持久力養成に取り組んで行けたらと思います。また、定例メニューとは別に、いびがわハーフマラソンに向けた調整練習メニューも用意していますので、いびがわハーフマラソンに出場予定の方はぜひご活用下さい。11月はまだ、ナイトラン練習を行うには快適な季節です。一人でも多くの方に参加していただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

空気がヒンヤリとする中、閾値走インターバル1000m×10本〜5本に取り組む参加者。

■ 令和4年度 第16回合同練習会開催

 令和4年度第16回合同練習会は10月22日(土)、大垣市八島町にある大垣北公園陸上競技場で開催され、ビジター登録1名を含む計5名が参加しました。参加していただいた皆さん、どうもありがとうございました。練習会当日は秋晴れに恵まれ、練習会開催時の気温は19℃前後、風も無くてナイトラン練習を行うには絶好のコンディションとなりました。少し走ると汗ばむ陽気ではありましたが、参加者の方からは「今日は風も無くて走りやすかった」という声が聞かれました。参加者の皆さんは息を弾ませながら秋の夜長に、各自それぞれのスピードでトラックを駆け抜けました。参加者の中には、陸上用のスパイクを履いて記録会に挑戦する方もおり、気合の入った走りを見せていました。

 今回のトレーニングメニューは「秋の夜長のナイトラントラック記録会」と称して、タイムトライアル10000m + 5000m に取り組みました。ランハート岐阜では毎年この時期に、夏場からのトレーニングの成果を確認するために、あるいは秋のマラソンレースに向けて現在の状態や調子などを確認するために、トラック記録会(タイムトライアル)を開催しています。今回はタイムトライアル10000mに3名の方が、5000mには2名の方が出場しました。また、参加者の皆さんは、秋のマラソンレース出場を予定している方が多いことから、マラソンレース本番で履くシューズの試し履きをする、いわゆるドレスリハーサルを行うこともトレーニングのねらいとなりました。

 タイムトライアルの結果、10000mに出場した3名は35分30秒台、36分10秒台、37分10秒台のタイムで走り、5000mに出場した2名は18分40秒、18分50秒台のタイムでそれぞれ走りました。今回参加した5名のうちの4名の方が、それぞれの種目で自己ベスト更新の走りを見せていました。自己ベスト更新された皆さん、どうもおめでとうございます。今回参加された皆さんは、この夏場からのトレーニングが順調に進んでいることをうかがわせる走りとなったようです。距離が短いトラックの種目と、距離が長いフルマラソンやハーフマラソンとでは、また別物になりますが、タイム的には短い距離が良くなれば長い距離も比例して良くなる傾向にありますので、ぜひ、秋のマラソンレースでは良い走りを期待したいものです。練習後、参加者の皆さんから「今日は参加して良かった」という声が印象的で、参加者の皆さんの、とびっきりの笑顔が満ち溢れた花マル練習会になりました。

 次回の合同練習会開催予定は11月6日(日)、揖斐川町・いびがわハーフマラソンコースでの練習会を予定しています。練習メニューはマラソンペース走やビルドアップ走など21.0975km〜12kmを予定しています。11月13日のいびがわハーフマラソンまで残り一週間、11月20日の神戸マラソンまで残り二週間となり、大会前最後の合同練習会開催となります。レース本番に向けて、現在の調子や状態を正確に把握して、アイドリング(刺激入れ)を行い調子の引き上げ(テーパリング)などがトレーニングのねらいとなります。秋も更に深まり、秋のマラソンレースシーズンも始まりますが、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

秋の夜長トラック記録会で、タイムトライアル10000m+5000mに挑戦する参加者。

■ 令和4年度 第15回合同練習会開催

 令和4年度第15回合同練習会は10月16日(日)、揖斐郡揖斐川町・蘇生の泉前駐車場を拠点に春日薬草街道(県道32号線)〜川合橋〜長谷川リバーサイド(県道257号線)〜古屋地区折返しコース(高低差260m)で開催され、ビジター登録3名を含む計10名が参加しました。今回も多くの皆さんに参加していただき、誠にありがとうございました。先週、予定していた合同練習会が雨天中止になったため、今回が10月最初の合同練習会開催となりました。練習会当日は雲の合間から秋の青空が広がり、この時期としては気温が少し高いコンディションになりました。練習会開催時の気温は18℃〜23℃でしたが、この時期、まだ晴れると日差しに暑さを感じるのか、参加者の皆さんは汗ビッショリになりながらトレーニングに取り組んでいました。参加者の皆さんは、春日渓流沿いのコースを各自思い思いのペースで駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューはロング走やビルドアップ走など30キロ〜20キロでした。ランハート岐阜では7月の練習会から秋のマラソンに向けたチームマラソントレーニング(全18週間)に取り組んでいます。下記の期分け表のように今回は、Bメゾサイクル3(レースペース対応期)の練習(10月10日〜11月6日までの4週間)として、走り込み練習で培ったスタミナを更に磨きをかけ、フルマラソン30キロ以降に粘れる脚作り、速いレースペースに対応できる脚作り、スピード持久力養成などに取り組みました。また、11月13日のいびがわマラソン2022まで残り4週間となり、いびがわハーフマラソンコースによく似たアップダウンの多いコースで、起伏に対応できる脚作りに取り組むことも練習のねらいでした。

 今回の練習会では30キロコースに6名、26キロコースには2名、20キロコースには2名がチャレンジしました。今回、30キロ走にチャレンジした方は、速い方は2時間05分で走り切り、その他の参加者も2時間40分以内のタイムで30キロを走り切りました。また、30キロ走にチャレンジした方の中には、30キロを走り終えてから更にプラス5キロを追加で走り、35キロ走にチャレンジして2時間44分で走る猛者もいました。今回の練習会に参加した方の中には、二週間後の金沢マラソンに出場予定の方も数名いましたが、最後のスタミナ確認の練習としてチャレンジしていました。そのほかの方も、各自の目標レースに向けて、それぞれのペースで練習に取り組んでいました。この夏場からのマラソントレーニングが順調に進んでいることを、実感できる練習会となりました。

 次回の合同練習会開催予定は、10月22日(土)に大垣北公園陸上競技場にて、秋の夜長のナイトラン記録会(タイムトライアル10000m&5000m)を開催予定です。この夏場からのトレーニングの成果や現在の調子、走力などの確認、秋のマラソンに向けてスピード持久力養成などが練習のねらいとなります。今はサタデーナイトラン練習を行うにも絶好の季節です。定員先着10名の予約制となりますが、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

2022 秋のマラソン(神戸マラソン)チームマラソントレーニングパッケージ

 順番  期分け  期 間 トレーニング指針 
 @  メゾサイクル1
基礎持久力養成期
 7月18日〜8月28日
(6週間)
 8月後半から始まる本格的な走り込み練習に備えて、スタミナの土台作り、基礎持久力養成に取り組む。ゆっくりなペースで良いので、2時間〜3時間余裕を持って走れるようにしていく。
 A メゾサイクル2
持久力養成期
  8月29日〜10月9日
(6週間)
 ロング走を中心に長い距離を走り、フルマラソンを走り切れる脚作り、スタミナ養成に取り組む。また、定期的にLTスピード向上のトレーニングにも取り組む。
 B  メゾサイクル3
レースペース対応期
  10月10日〜11月6日
(4週間)
 走り込み練習で養ったスタミナを基に、レースペースに対応出来る脚作り、スピード持久力養成などに取り組む。
 C  メゾサイクル4
レースに向けた調整期
  11月7日〜11月20日
(2週間)
 秋のマラソン(神戸マラソン)に向け、マラソントレーニングの疲労を取り除きながら体調を整え、調子を引き上げる。
 神戸マラソン2022  11月20日  ベストを尽くし、各自の目標を達成!!
 D  メゾサイクル5
レース回復期
  11月21日〜12月11日
(3週間)
 秋のマラソンの疲労を取り除き、次のステップに向けて鋭気を養う。

春日粕川〜長谷川沿いのコースで、ロング走など30キロ〜20キロにトライする参加者。

■ 令和4年 第14回大垣北公園オープン練習会開催

 令和4年 第14回大垣北公園オープン練習会は10月13日、大垣市八島町にある大垣北公園陸上競技場で開催され、ゲスト(登録メンバー以外の方)2名を含む計8名の方が参加しました。平日夜間にも関わらず、多くの市民ランナーの皆さんに参加していただきました。参加していただいた皆さん、どうもありがとうございました。オープン練習会とは、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加できるナイトラン練習会で、この地域のランニングコミニュティー拡大や地元ランナー同士の交流、走力強化を目的に開催しています。10月に入り本格的な秋の夜長の季節を迎え、ナイトラン練習を行うにも快適な時期となりました。練習会開催時の気温は19℃前後で、少し走ると汗ばむくらいの陽気でしたが、参加者の皆さんは息を弾ませながら各自のペースで秋の夜のトラックを駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューは、テンポ走やビルドアップ走など8000m〜10000mで、秋以降のネクストマラソンなどに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピードの向上)の向上や、スピード持久力養成などに取り組みました。参加者の皆さんは、各自で目標ペースやタイムを設定して、その通りに走るようトレーニングに取り組んでいました。速い方はキロ3分30秒台のペースで、遅い方でもキロ4分10秒台のペースで設定された距離を走りました。今回は参加者もいつもより多めで、集団で走る集団走となりましたが、参加者同士が声を掛けながら一緒に走る姿が見られました。一人ではなかなかキツイ練習でもみんなと一緒に練習することで、頑張りも利くようです。競走になって想定以上の強度になってしまうデメリットもありますが、練習後の参加者の皆さんの充実した表情が印象的な練習会になりました。

 また、今回の参加者の中には、今週末のぎふ清流駅伝に出場予定の方もいました。その方は調整練習として別メニューでインターバル・トレーニングに取り組んでいました。ぜひ、普段の練習の成果を思う存分、発揮してもらいたいものです。一方で最近、脚に痛みが出て、別メニューとしてジョッグのみ行う方も参加者の中にはいました。今月末から秋のマラソンシーズンが始まりますが、今までの走り込み練習の疲れが出やすい時期ですので、しっかりケアやリカバリーを行って、健康な身体でスタートラインに立ってもらいたいものです。

 次回の大垣北公園オープン練習会開催予定は10月27日(木)を予定しており、予定練習メニューは閾値走(クルーズ)インターバル・トレーニング 1000m(R167m)×5本〜10本を予定しています。秋以降のネクストマラソンに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピード)の向上やスピード持久力養成に取り組んで行けたらと思います。ナイトラン練習を行うにも非常に快適な時期ですので、皆さんと一緒に大人の夜の部活動?を楽しんで行けたらと思います。都合が合う方はぜひご参加ください。一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

快適なコンディションの中、テンポ走など10000m〜8000m走にトライする参加ランナー。

■ 令和4年度 第13回パークナイトラン練習会開催

 令和4年度第13回パークナイトラン練習会(オープン練習会)は10月6日、安八郡神戸町にあるごうど中央スポーツ公園ジョギングコースで開催され、ゲスト1名を含む計6名の方が参加しました。多く皆さんに参加していただきました。参加された皆さん、どうもお疲れ様でした。パークナイトラン練習会とは、その名の通り、公園コースで行うナイトラン練習会ですが、オープン練習会ですので、メンバー登録をしなくても、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加できる練習会です。10月に入り気温も下がりだし、練習会開催時の気温は16℃と、ようやく走りやすいコンディションになってきました。前回まで(9月)の練習会では、まだ少し走ると汗ばむ陽気で、参加者の皆さんは汗ダクになりながら走られていましたが、「今日は走りやすかった」という声が聞かれました。今回は会場のごうどスポーツ公園の各施設のナイター照明が点灯されて、明るい照明の下、参加者の皆さんからは秋の夜長の公園コースを各自のペースで駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューは、閾値走(クルーズ)インターバル・トレーニング1000m(R200m)10本〜8本で、秋以降のネクストマラソンなどに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピードの向上)の向上や、スピード持久力養成などに取り組みました。参加者の皆さんは、1000mをTペース(閾値ペース)で疾走し、その後リカバリージョッグ200mを挟み、それを10回〜8回繰り返すトレーニングに取り組みました。参加者の皆さんは、1000m 3分30秒台〜4分前後の疾走タイムで、参加者それぞれの走力に合ったタイムでインターバルトレーニングに取り組みました。

 今回の参加者の皆さんは、先週のパークナイトラン練習会に参加された方も多く、同じ練習メニューに取り組んだ方もいましたが、比較的走りやすい気温になったこともあり、各自の設定タイムをクリア、もしくは設定タイムを上回るタイムで走られる方も多かったようです。季節が進み、気温が下がるとともに参加者の皆さんの走る状態も上がってきました。この夏場からのトレーニングの成果も着実に表れてきているようです。参加者の中には今月末からのフルマラソン出場される方もいますが、秋のマラソンに向けて充実したトレーニングができたようです。今回も一人ではなかなか精神的にキツイ練習ですが、みんなと一緒に練習を行うことで、お互い励まし合い、切磋琢磨しながら、満足感に満ち溢れる練習会になりました。

 秋も徐々に季節が進み、ようやくナイトラン練習を行うには快適な季節が到来しました。11月も半ばを過ぎると夜間は寒くなるので、意外と秋のナイトラン練習に適した期間は短いものです。この秋の快適なナイトラン練習期間を楽しみたいものです。次回のパークナイトラン練習会開催予定は、10月20日(木)を予定しています。練習予定メニューは、テンポ走やビルドアップ走など12000m〜6000mを予定しています。引き続き、秋以降のネクストマラソンに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピード)の向上やスピード持久力養成に取り組んで行けたらと思います。ありがたいことに、このパークナイトラン練習会には、平日夜間にも関わらず数多く皆さんに参加していただいています。本当にありがとうございます。大変感謝申し上げます。ナイトラン練習を行うにも快適な季節となり、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

快適なナイトラン環境の下、閾値走インターバル1000m×10本〜8本に取り組む参加者。

■ 令和4年度 第12回パークナイトラン練習会開催

 令和4年度第12回パークナイトラン練習会(オープン練習会)は9月29日、安八郡神戸町にあるごうど中央スポーツ公園ジョギングコースで開催され、ゲスト2名を含む計6名の方が参加しました。パークナイトラン練習会とは、その名の通り、公園コースで行うナイトラン練習会ですが、オープン練習会ですので、メンバー登録をしなくても、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加できる練習会です。9月に予定していたパークナイトラン練習会が中止になった為、(8月は休み)、約二ヶ月ぶりのパークナイトラン練習会開催となりました。9月も下旬となり、ようやく秋らしくなってきましたが、練習会開催時の気温は23℃と、まだ少し走ると汗ばむ陽気となりました。参加者の皆さんは汗ダクになりながら、秋の夜長の公園コースを各自のペースで駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューは、閾値走(クルーズ)インターバル・トレーニング1000m(R200m)10本〜5本で、秋以降のネクストマラソンなどに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピードの向上)の向上や、スピード持久力養成などに取り組みました。参加者の皆さんは、1000mをTペース(閾値ペース)で疾走し、その後リカバリージョッグ200mを挟み、それを10回〜5回繰り返すトレーニングに取り組みました。参加者の皆さんは、1000m 3分30秒台〜4分50秒台の疾走タイムで、参加者それぞれの走力に合ったタイムでインターバルトレーニングに取り組みました。今回の参加者の中には、久しぶりに練習会に参加された方もいましたが、各自の設定タイムを目指して取り組まれていました。一人ではなかなか精神的にキツイ練習ですが、みんなと一緒に練習を行うことで、お互い励まし合い、切磋琢磨しながら、充実したトレーニングができたようです。

 秋も徐々に季節が進み、走りやすいコンディションになってきたようです。会場となったごうど中央スポーツ公園ジョギングコースには、ランハート岐阜のオープン練習会参加者以外にも数多くのランナーの方が走られていました。日の入りの時刻も早くなり、ナイトラン練習を行うにも良い季節になってきました。次回のパークナイトラン練習会開催予定は、10月6日(木)を予定しています。練習予定メニューは今回と同じ閾値走(クルーズ)インターバル・トレーニング1000m(R200m)10本〜5本で、秋以降のネクストマラソンなどに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピードの向上)の向上や、スピード持久力養成などに取り組む予定です。10月にもなればナイトラン練習を行うにも快適なコンディションになってくると思います。一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

秋の夜長のパークナイトラン練習会で、インターバル1000m×10本〜5本に取り組む参加者。

■ 令和4年度 第2回チームメンバー練習会開催

 令和4年度第2回チームメンバー練習会は9月25日、揖斐郡揖斐川町・蘇生の泉前駐車場を拠点に春日薬草街道(県道32号線)〜川合橋〜長谷川リバーサイド(県道257号線)〜古屋地区折返しコースで開催され、7名のチームメンバーが参加しました。チームメンバー練習会とは、チームメンバー登録者のみが参加可能な練習会で、今年二回目の開催となりました。先週、台風14号が通過してから、めっきりこの地域も秋らしくなりましたが、練習会当日の朝も、この時期らしい涼しい朝となりました。練習会当日は朝は少し雲が多かったものの徐々に青空が広がりました。練習会開催時の気温は17℃〜23℃でしたが、この時期、まだ晴れると日差しに暑さを感じるのか、参加者の皆さんは汗ダクになりながらトレーニングに取り組んでいました。参加者の皆さんはコース沿いに咲き出した赤い彼岸花を横目に見ながら、春日渓流沿いのコースを各自思い思いのペースで駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューはロング走や持続走など35キロ〜30キロでした。ランハート岐阜では7月の練習会から秋のマラソンに向けたチームマラソントレーニング(全18週間)に取り組んでいますが、早いもので10週間が過ぎました。今回のトレーニングのねらいは、Aメゾサイクル2(持久力養成期)の練習として、42キロを走り切れる脚作り、本格的な走り込み練習に取り組みました。今回の練習会では35キロコースに5名のメンバーがチャレンジし、30キロコースには2名のメンバーがチャレンジしました。今回、35キロ走にチャレンジしたメンバーは、速い方は2時間15分で走り切り、その他のメンバーも2時間40分以内のタイムで35キロを走り切りました。また、30キロ走にチャレンジした2名のメンバーは、2時間20分以内のタイムで走り切りました。今回の練習会に参加したメンバーは、10月末から始まる秋のマラソンシーズン(金沢、大井川、富山、岡山、神戸など)に出場予定ですが、この夏場からのマラソントレーニングが順調に進んでいることを、実感できる練習会となりました。

 9月に予定している合同練習会、チームメンバー練習会は、これですべて終了しました。練習会に参加していただいた皆さん、どうもありがとうございました。10月からは、秋のチームマラソントレーニングとして、メゾサイクル3(レースペース対応期)の練習としてレースペースの速いスピードに対応できる脚作りや、フル30キロ以降で粘れる脚作りなどに取り組んで行く予定です。次回の合同練習会開催予定は10月10日(祝)に、揖斐郡池田町・池田ふれあい街道コース〜揖斐川町・春日薬草街道(県道32号)コースにて、ビルドアップ走など30キロ〜15.7キロの練習メニューを予定しています。10月にもなれば、より秋を感じることができるようになり、更に走りやすくなってくると思います。一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

春日粕川〜長谷川沿いのコースで、ロング走35キロ〜30キロにトライするメンバー。

■ 令和4年 第13回大垣北公園オープン練習会開催

 令和4年 第13回大垣北公園オープン練習会は9月22日、大垣市八島町にある大垣北公園陸上競技場で開催され、ゲスト(登録メンバー以外の方)2名を含む計6名の方が参加しました。オープン練習会とは、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加できるナイトラン練習会で、この地域のランニングコミニュティー拡大や地元ランナー同士の交流、走力強化を目的に開催しています。今月二回目の大垣北公園オープン練習会開催となりました。練習会当日は雨が心配されましたが、練習会開催時は、幸いにも何とか雨は降りませんでした。練習会開催時の気温は22℃前後でしたが、練習会前に一雨降ったため、少々蒸し暑いコンディションとなりました。参加者の皆さんは汗ダクになりながら各自のペースで夜のトラックを駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューは、閾値走(クルーズ)インターバル・トレーニング1000m(R167m)10本〜8本で、秋以降のネクストマラソンなどに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピードの向上)の向上や、スピード持久力養成などに取り組みました。参加者の皆さんは、1000mをTペース(閾値ペース)で疾走し、その後リカバリージョッグ167mを挟み、それを10回〜8回繰り返すトレーニングに取り組みました。参加者の皆さんは、1000m 3分40秒台〜4分10秒台の疾走タイムで、それぞれインターバルトレーニングに取り組みました。参加したゲストの方の中には、初めて閾値走インターバルに取り組んだ方もいましたが、「初めてで、なかなか自分のペースが掴めなかった」と話されていました。また、「キツかったけど、なかなか一人では、こんな練習はできない」「みんなと一緒に走ることで、楽に感じた」と話された方もいました。一人ではなかなか精神的にキツイ練習ですが、みんなと一緒に練習を行うことで、お互い励まし合い、切磋琢磨しながら、充実したトレーニングができたようです。練習後の、参加者の皆さんの充実した表情が、それを物語っていました。

 また、今回の参加者の中には、練習会翌日にトラックレースを控えている方も参加されました。翌日レース出場のため定例メニューの閾値走インターバルは行わず、別メニューで調整しました。1000mの刺激走とジョッグに取り組まれたようですが、1000m走では3分を切るタイムで走られていました。ぜひ、練習会翌日のトラックレースでは、普段の練習の成果を思う存分、発揮してもらいたいものです。

 次回の大垣北公園オープン練習会開催予定は10月13日(木)を予定しており、予定練習メニューはテンポ走やビルドアップ走など12000m〜6000mを予定しています。引き続き、秋以降のネクストマラソンに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピード)の向上やスピード持久力養成に取り組んで行けたらと思います。10月半ばにもなれば、ナイトラン練習を行うにも快適な季節になってくると思います。日の入りの時刻も早くなり、秋の夜長を楽しみながら、ナイトランに取り組んで行けたらと思います。一人でも多くの方に参加していただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

秋の夜長に、閾値走インターバル1000m×10本〜8本に取り組む参加者。

■ 令和4年度 第13回合同練習会開催

 令和4年度第13回練習会は9月18日、揖斐郡揖斐川町春日・かすがモリモリ村東屋駐車場を拠点に春日薬草街道(県道32号線)〜川合橋〜長谷川リバーサイド(県道257号線)〜古屋地区折返しコースで開催され、ビジター登録1名を含む計6名が参加しました。練習会当日は台風接近のため開催が危むばれましたが、雨が降ったり止んだりの天候となったものの無事開催されました。しかしながら、台風が持ち込む湿気の影響からか、気温は23℃前後だったにも関わらず蒸し暑いコンディションになりました。参加者の皆さんからは「今日は雨が止むと蒸し暑かった」「雨が降っている時のほうが走りやすかった」という声が聞かれました。長い距離を走るには少々辛いコンディションでしたが、参加者の皆さんは春日渓流沿いのコースを、雨と汗とでビッショリに濡れながら、各自思い思いのペースで駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューはロング走や持続走など35キロ〜30キロでした。ランハート岐阜では7月の練習会から秋のマラソンに向けたチームマラソントレーニング(全18週間)に取り組んでいます。今回のトレーニングのねらいは、Aメゾサイクル2(持久力養成期)の練習として、@メゾサイクル1(基礎持久力養成期)で培ってきた基礎持久力を基に、更なる持久力養成、42キロを走り切れる脚作り、本格的な走り込み練習に取り組みました。今回の練習会も35キロコースを設定し、2名の方がチャレンジしました。今回の35キロ走にチャレンジした参加者の方は、35キロを2時間30分ほどのタイムで走り切りました。30キロ走にチャレンジした参加者の方も2時間17分〜2時間53分の時間をかけてじっくり走り込みました。今回は雨が降ったり止んだりと、生憎の天候となったため、いつもより参加者人数は少なめでしたが、今回練習会に参加された方は、この夏場から取り組んできたチームマラソントレーニングが順調に進んでいることをうかがわせる練習会となりました。

 次回、第2回チームメンバー練習会開催予定は9月25日(日)を予定しています。当初はいびがわハーフマラソンコースでの練習会開催を予定していましたが、練習コースが工事による通行止めの個所があるため、代替えコースの揖斐川町春日粕川〜長谷川リバーサイドコースにてロング走など35キロ〜15キロの練習メニューを開催予定しています。練習のねらいは、秋のマラソンに向けたチームマラソントレーニングにおいてAメゾサイクル2(持久力養成期+LT)の練習として、メゾサイクル1で培った基礎持久力を基に、42キロを走り切れる脚作り、本格的な走り込み練習、持久力の昇華に取り組んで行きます。10月の練習会からはメゾサイクル3(レースペース対応期)のチームトレーニングに移行していきますので、メゾサイクル2(持久力養成期+LT)のチームトレーニングとしては次回の練習会が最後の練習となります。まだ残暑厳しい日は続きますが、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

生憎の雨模様の中、春日渓流コースでロング走など30キロ〜35キロ走に取り組む参加者。

■ 令和4年 第12回大垣北公園オープン練習会開催

 令和4年 第12回大垣北公園オープン練習会は9月8日、大垣市八島町にある大垣北公園陸上競技場で開催され、計5名の市民ランナーの方が参加しました。今回は2名のゲスト(登録メンバー以外の方)の方に参加していただきました。オープン練習会とは、この地域の市民ランナーの方であれば、どなたでも参加できるナイトラン練習会で、この地域のランニングコミニュティー拡大や地元ランナー同士の交流、走力強化を目的に開催しています。先月(8月)予定していたオープン練習会は悪天候により中止となったため、約三ヶ月ぶりのオープン練習会開催となりました。練習会当日は曇り空でしたが、気温は25℃前後と、少々蒸し暑いコンディションとなりました。参加者の皆さんは汗ダクになりながら各自のペースで夜のトラックを駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューは、テンポ走やビルドアップ走など12000m〜8000mで、秋以降のネクストマラソンなどに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピードの向上)の向上や、スピード持久力養成などに取り組みました。参加者の皆さんは、各自で目標ペースやタイムを設定して、その通りに走るようトレーニングに取り組んでいました。今回はランハート岐阜のホームページを見て、オープン練習会に参加してみたいという二人の方に体験参加していただきました。参加前には練習会に付いて行けるか不安を感じていた体験参加の方もいましたが、実際に練習会に参加していただき、ご本人からは「キツかったけど、とても楽しかった」という感想をいただきました。これに懲りず、今後もオープン練習会に参加していただければ、とてもうれしいことです。今まで練習会に参加していた方にとっても、新しい参加ランナーの方がいることで、刺激を受けますし、お互い走るモチベーションアップに繋がりますので、今後も多くのゲストの方に参加していただければと思います。

 先月から大垣北公園オープン練習会後期シリーズがスタートしました。(8月は中止) 令和4年オープン練習会後期シリーズは、秋の各マラソン大会や11月のいびがわハーフマラソン、12月のおおがきマラソンに向けて、練習会を開催して行く予定です。次回の大垣北公園オープン練習会開催予定は9月22日(木)を予定しており、予定練習メニューは閾値走(クルーズ)インターバル・トレーニング 1000m(R167m)×5本〜10本を予定しています。秋以降のネクストマラソンに向けて、各自のLTスピード(乳酸が溜まりにくいスピード)の向上やスピード持久力養成に取り組んで行けたらと思います。まだまだ残暑厳しい日が続きますが、9月も下旬になれば、夜間は少し秋を感じられるようになると思います。一人でも多くの方に参加していただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

体験参加者2名を迎え、テンポ走など12000m〜8000mに取り組む参加者の皆さん。

■ 令和4年度 第12回合同練習会開催

 令和4年度第12回練習会は9月4日、揖斐郡揖斐川町春日・かすがモリモリ村東屋駐車場を拠点に春日薬草街道(県道32号線)〜川合橋〜長谷川リバーサイド(県道257号線)〜古屋地区折返しコースで開催され、ビジター登録1名を含む計8名が参加しました。練習会当日は曇り空でしたが、台風の影響からか、少し蒸し暑いコンディションとなりました。参加者の皆さんからも「今日は蒸し暑かった」「汗がいつまでも止まらない」という声が聞かれました。長い距離を走るには少々辛いコンディションになりましたが、参加者の皆さんは春日渓流沿いのコースで、汗ビッショリになりながら各自思い思いのペースで駆け抜けました。

 今回のトレーニングメニューはロング走や持続走など35キロ〜30キロでした。ランハート岐阜では7月の練習会から秋のマラソンに向けたチームマラソントレーニング(全18週間)に取り組んでいます。今回のトレーニングのねらいは、Aメゾサイクル2(持久力養成期)の練習として、@メゾサイクル1(基礎持久力養成期)で培ってきた基礎持久力を基に、更なる持久力養成、42キロを走り切れる脚作り、本格的な走り込み練習に取り組みました。前回の練習会から35キロコースを設定し、今回は3名の方がチャレンジしました。今回の蒸し暑い天候が影響したためか、途中で距離変更した参加者もいましたが、参加者全員が35キロ〜30キロの距離を2時間16分〜2時間54分の時間をかけてじっくり走り込みました。今回は参加者全員がサブスリーランナーということもありましたが、7月から取り組んできたチームマラソントレーニングが順調に進んでいることをうかがわせる練習会となりました。

 また、今回の練習会からランハート岐阜では秋のマラソントレーニングと並行して下記の表のように、11月13日に開催予定の「いびがわマラソン(ハーフ)2022」に向けた全12週間の「チームハーフマラソントレーニングパッケージ」に取り組んでいます。まずはメゾサイクル@(基礎持久力養成期)の練習として、8月22日〜9月18日までの4週間は、ハーフマラソンを走り切れるスタミナの土台作り、基礎持久力養成などに取り組みます。また、いびがわハーフマラソンでは、コースの途中、揖斐峡大橋以北のコース(8.4キロ地点〜12.8キロ地点)はアップダウンが多いコースになりますので、普段のトレーニングから起伏の多いコースで練習することで、アップダウンの走りに慣れて行くこともねらいとなります。

 次回、第13回合同練習会開催予定は9月18日(日)を予定しています。今回と同じコースの春日粕川〜長谷川リバーサイドコースにてロング走など35キロ〜16キロの練習メニューを予定しています。練習のねらいは、秋のマラソンに向けたチームマラソントレーニングにおいてAメゾサイクル2(持久力養成期+LT)の練習として、メゾサイクル1で培った基礎持久力を基に、42キロを走り切れる脚作り、本格的な走り込み練習、持久力の昇華に取り組んで行きます。まだまだ残暑が厳しい日が続きますが、一人でも多くの方の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

 2022 いびがわハーフマラソン チームマラソントレーニングパッケージ

 順番  期分け  期 間 トレーニング指針 
 @  メゾサイクル1
基礎持久力養成期
 8月22日〜9月18日
(4週間)
 9月半ばから始まる本格的な走り込み練習に備えて、ハーフマラソンを走り切れるスタミナの土台作り、基礎持久力養成に取り組む。ゆっくりなペースで良いので、2時間くらいの時間、余裕を持って走れるようにしていく。
 A メゾサイクル2
持久力養成期
  9月19日〜10月9日
(3週間)
 25キロくらいのロング走を中心に長い距離を走り、ハーフマラソンを走り切れる脚作り、スタミナ養成に取り組む。また、定期的にLTスピード向上のトレーニングにも取り組む。
 B  メゾサイクル3
レースペース対応期
  10月10日〜10月30日
(3週間)
 走り込み練習で養ったスタミナを基に、レースペースに対応出来る脚作り、スピード持久力養成などに取り組む。
 C  メゾサイクル4
レースに向けた調整期
  10月31日〜11月13日
(2週間)
 いびがわハーフマラソンに向け、マラソントレーニングの疲労を取り除きながら体調を整え、調子を引き上げる。
大会  いびがわハーフマラソン2022  11月13日  ベストを尽くし、各自の目標を達成!!
 D  メゾサイクル5
レース回復期
  11月24日〜12月4日
(3週間)
 いびがわハーフマラソンの疲労を取り除き、次のステップに向けて鋭気を養う。

蒸し暑いコンディションの中、ロング走35キロ〜30キロに取り組む参加者。

ランハート岐阜ランニングチーム

  代表:青木 敏宏
E-mail:info@run-heart.com
URL: http://www.run-heart.com/
BLOG:http://ameblo.jp/letshappyrun